おうこうじぼしょく

桜小路暮色

作曲 狐弐 歌詞 お優美

 

 

紅く煌びやかに燃ゆる桜小路の宵

銭の匂いが女達の鼻を擽る、宵… 

 

脱いで 

愛さなくて良いの 

 

銭で売られた女は銭を信じるしか無い 

愛してる等と嘘でも吐いてくれるな 

買うとくれ 

 

生きてなんぼの浮世じゃない 

信じる愛など無い 

欺き欺かれ生きて行く

それでも生きて行く 

 

嗚呼…伸ばし掛けた手を… 

 

叫んで逃げてしまえりゃ

笑えるのだろうか 

愛して愛されて生きて行く

私がいるだろうか 

 

染まる橙の夕暮れ 

硝子玉の様な瞳も染むる 

 

サクラサクラ…嗚呼