​ばんじょういななきやま

万丈嘶鬼山

作曲 狐弐 歌詞 お優美

清められ続けし身

一年後に光をその目にすれば

嘶鬼山の守り神に為ると云う

 

山頂に向かえば村人の声がする

空を裂く様な叫びの中 燃ゆる

 

声を上げろ 祈りを

さあ 嘶け

 

燃え盛る業火の中

揺れるもう一つの影が寄り添えば

一層の勢いを増し 燃える

 

天に昇れ 昇れ也

山よ 嘶け