概要

メンバー全員が袴等の和装で公演を行う語りべ和ロック楽団。
静越(しずこし)地方という架空の地域の民話や偉人伝承を語りと唄、音楽で聴衆へ伝えるという珍しい形式をとる。
時代背景は明治後期~大正時代。

和風ロックというジャンルに属してはいるものの、三味線や尺八、和太鼓等の和楽器を織り交ぜた和ロックとは違い、ボーカル、エレキギター、シンセベース、ドラムというシンプルなロックバンド形式で、和楽器を一切使わずに和を表現する事を前提とする。
これは、海外で多く活動する奏手候が、例えば海外の方でもすぐに手に入る楽器で日本の音楽を演奏する事が出来ればという想いから始まった、和風ロックというジャンルの中では他にあまり例を見ない珍しい形式であり、又音階や奏法、歌い回し、視覚効果などだけで和を表現するという極めて難解な挑戦でもある。

曲調は曲のコンセプトにより幅広いが、主に80~90年代の洋楽(中でもハードロック、メタル)の影響を色濃く受けている為、明るいフェスなどの他に、ハードロック、メタル系のイベントに出没する事も多い。

楽曲のテーマやストーリーは裏背景まで細部に渡り作り込まれており(これは公演中に話される事はほとんど無い)、その細かな設定の元に歌詞や曲が作られていくのが大きな特徴である。
楽曲の冒頭部分で曲に纏わる物語(通称「語り」)を朗読し、その後楽曲が始まる。

MCではお優美が「狐ちゃん」こと狐弐の言葉を通訳し、それ以外のメンバーや狐が直接喋るのは単独公演などのごく限られた公演のみであり、いずれも奏手候のファンの方達(通称「奏手軍(かなでぐん」)だけに披露される貴重な機会となっている。

狐弐が扱う楽器は通常のエレキベースではなく、世界的にもかなり珍しいジャンルとなるが、キーターを使用したシンセベースである。

唄手のお優美は高等着付師でもあり、1級着付師、師範、教授、学士、修士、博士、和装プロデューサー、時代衣装着装師などの数々の資格を有し、衣装やメンバーの着付指導などは彼女に一任される。

世界観

開国から年月は流れ、貿易業で大きく発展した亜寡町は和洋折衷の独特の文化を形成しており、
技術者達の熱心な研究の結果、蒸気機関が飛躍的に発達し、町は様々な電気器具で溢れかえっていた。

目まぐるしく変化する最先端の日常生活の中で、音楽や楽器もまた革新的な進化を遂げていた。

亜寡町の中心部である繁華街には南蛮ヱレキ楽器を専門に扱う店が軒を連ね、
大音量で激しいヱレキ音楽を演奏する為の「演奏小屋」も歌舞伎小屋や芝居小屋と共に、
夜の街を音と光で華やかに彩っていた。

大規模合戦などは既に遠い過去の話。

人々は、この良きハイカラな時代を謳歌しているのであった。


文明開化の風も過ぎ

楽 愛で集うは奏手衆

南蛮楽器に身を任せ

我等、今宵も奏でて候

奏手衆

静越地方最大の都市、亜寡町。

その北の外れに石目神社と呼ばれる小さな神社がある。

奏手衆は夜な夜な集会所に集い、音楽を奏でる。

そこは奏手候の秘密の隠れ家・・・

静越地方に伝わる偉人伝承や御伽噺、言い伝えなどを探し出して来ては、
それを楽曲にして語り歌う。

亜寡町に住む癖だらけの奏手衆をご紹介致します。

コニさん.jpg
名前:狐弐(Koni)
通り名:リーダー、狐ちゃん、コニさん、コニちゃん、頭首
担当:低音(S.Bass)
備考:奏手候を立ち上げた張本人で、頭首を務める。
銀髪に黒狐面、大柄で豪腕であるが、見た目と違い性格は非常に陽気で明るい。
奏手候の集会所でもある石目神社に住み着いている。
亜寡町での交友関係は大富豪から世捨て人まで多岐に渡る。
流行には無頓着であるが煙管や瓢箪、水晶細工等、拘りが強い。
おゆみさんVer2.jpg
名前:お優美(Oyumi)
通り名:お優美ばあさん、お優美さん
担当:唄手(Vocal)
備考:
静越地方の民話や伝説を唄として人々に語り伝えるべく奏手候を復活させた。
普段は明るく温厚であるが、公演の際には激しく触角を暴れ回らせる。
亜寡町内では着付けの師範としての顔も持ち、生計を立てている。
ハイカラなブーツや亜細亜物のアクセサリーを好んで身につける事が多い。
好物は甘味、特に西洋菓子を好む。
潤さん.jpg
名前:潤(Jun)
通り名:潤くん、潤さん
担当:太鼓(Drums)
備考:
行きつけの演奏小屋の店主より紹介を受け、奏手衆に勧誘される。
公演時には非常に情熱的な演奏を見せるが、普段は冷静沈着、口数が少なくミステリアスな一面もある。
亜寡町最大手の亜寡町出版社へ勤務し、町の様々な情報を仕入れて来る。
南蛮菓子を好んだりハイカラなブーツを愛用するなど、諸外国へ興味津々である一面も見せる。
趣味は野球観戦。
コツオさん.jpg
名前:古都旺(Kotsuo)
通り名:こっつぁん、コツオさん
担当:八弦(Guiter)
備考:
共通の友人を介して奏手衆と出会い、その後奏手候の八弦を担う事になった。
人当たりが良く、明るく陽気、飄々とした性格であるが、その私生活は謎に包まれている。
長身、長髪で、ハイカラな帽子やブーツを好む。
加入当初は八弦でなく鋭利な形の七弦を相棒にしていた。
主に激しい音楽を好むが、幅広い領域の音楽を愛好している。
なかやさん.jpg
名前:那火弥(Nakaya)
通り名:ナカヤン、那火弥くん
担当:助人六弦(Support Guiter)
備考:
とある演奏小屋で出会い、演奏姿に奏手衆が惚れ込む。
公演では長く美しい黒髪をなびかせながら、非常に情熱的な演奏をする。
明るく誠実な性格で、奏手衆からの信頼は非常に厚い。
最年少である彼に、年長者達はいつも様々な情報を教わっている。
アカマチクリエーションチーム
投影師:シュンスケ(Syunsuke)
音響師:ヤスヒロ(Yasuhiro)
撮影師:狐庵(Koan)
絵画師:サガワアスカ(Asuka Sagawa)、堂丸(Doumaru)