​むこんちょう

夢魂蝶

作曲 狐弐 歌詞 お優美

 

風に乗せ 空の青 あの日の君の顔

 

春の香る鷹峠

見慣れたはずの帰り道

触れようとしたその指は

ひらりひらりとすり抜ける

 

いつかの空の色

どこまでも君の色

 

幾度もその姿を探しては

どんな姿でもいい 会いたくて

手を伸ばせど届かぬその羽に

君の笑う顔をただ映す 音も無く

 

 

 

秋の音が賑やかに

呼びかける声攫いゆく

同じ世界を隔つ様に

はらりはらりと舞い踊る

 

黙ったままの色

底も無く 深い空

 

幾度も君の名前を呼んでは

風の中、揺れる赤、ここに居る

こちらを見る瞳に映るのは

二人居た景色と、無数の青。

 

幾度生まれ変われども隣で

笑う君の傍で生きていたい

帰ろうあの場所へ さあ帰ろう

高く高く溶けて消えゆく二つの青