せんさんじのふで

千閂寺の筆

作曲 狐弐 歌詞 お優美、武書道室

 

 

音の止まった様な林に 静かに立つ

それは 先に出会う者を知っているかの様

 

戦火の中駆け抜ける 赤黒く染まる穂先

人の想いの数 染み付く無念の痕

 

癒えぬ悲しみを 刃の無きその虚空へと

 

止まらぬ時の底に 止まったままの時がある

想いを吸い 時を残す 一筆に宿る言霊

 

詞は同じ詞を呼ぶ

強きものが取り込んでゆく

狂わすのは

滲む墨の縁 残されてしまった 時

 

ひらり けしかける 一つ穴の紙狐

 

想いはそして形を成す

目に見えぬものが交わる時

重なった残像は新しい綴りとなり

息を吹く