top of page
スクリーンショット 2024-02-22 22.28.21.png

時は明治大正時代。

静越地方で最も大きな都市である亜寡町は、積極的な貿易により 急激に発展し、

様々な西洋文化を受け入れつつ、和洋折衷の 独特の文化を育んでいました。  

 

また蒸気機関による発電所が建設され、街の中心部では 電気が利用されており、

電灯や派手なネオンと蒸気が煌めく 幻想的な街並みが広がっていました。  

 

さらに「南蛮楽器」と呼ばれる西洋楽器は、新しいもの好きな 人々の心を捉え

歌舞伎や芝居小屋と共に「演奏小屋」も 夜の街を賑わせていました。  

 

奏手候は亜寡町の小さな神社で結成され、 夜な夜な演奏小屋に繰り出しては

歌と語りと南蛮楽器の演奏で 静越の物語を人々に伝えていました。

 文明開化の風も過ぎ  楽 愛で集うは奏手衆  

南蛮楽器に身を任せ  我等、今宵も奏でて候

スクリーンショット 2024-06-05 0.33.22.png

単独公演情報

​奏手候単独公演『  白。』

数ある楽曲の中から明るく楽しい楽曲、通称「白い方」ばかりを集めた単独公演。

ひたすらハイテンションでいきましょう!

日程:2024年8月31日(土) 

会場:《大阪》南堀江 knave <website>

開場:10:30

開演:11:00

料金:完全前売り制 ¥4000 (ドリンク別

チケット購入はこちらから!​< tiket >

bottom of page